カードローンのグレーゾーン金利

カードローンのグレーゾーン金利とは?

カードローンのグレーゾーン金利とは?

カードローンのグレーゾーン金利とはどういうことかというと、貸金業の上限金利が利息制限法上(1)元本10万円未満で年20%、(2)10万円以上100万円未満で18%、(3)100万円以上で15%と定まっている現状がありました。

 

しかし例外規定により一定の書面を交付するなど条件を満たせば上記の利息を超える利息を支払っても有効な弁済とみなされていたのですが、この場合の上限金利が出資法の29.2%。この2つの間の金利をグレーゾーンと言います。

 

本当ならばこのみなし弁済の条件はものすごく厳密な条件になっているので、、本来はカードローンを扱う消費者金融などではほとんどが条件を満たさない違法なものであるにも関わらず、実際には多くの消費者金融などがグレーゾーンでカードローンなどを契約できるようになっていました。

 

ここで2006年に転機が訪れます。ここで最高裁は2006年1月、事実上「グレーゾーン金利」を認めない判決を下したのです。この最高裁の歴史的な判決で、過払い利息返還を求める訴訟が急増してしまったために、返還費用は大手4社だけで1400億円を超えてしまいました。

カードローンのグレーゾーン金利とは?関連ページ

融資を受けるためには保証人は必要?
融資を受けるときに保証人の存在は必要になってくるのでしょうか?融資を受けるときに気になる保証人は?
アルバイトでも融資は受けられる?
アルバイトでもお金の融資を受けることが可能なのでしょうか?お金を借りるときに気になるアルバイトの取り扱いはどうなっているのでしょうか?
消費者金融の保証人にはどんな義務がある?
消費者金融の保証人にはどんな義務があるのでしょうか?キャッシングを考えると保証人にはどのような義務があるのか?
キャッシングするには何が必要?
キャッシングをするには何が必要になってくるのでしょうか?キャッシングをするために必要になってくるものとはなんでしょうか?
キャッシングと消費者金融の関係は?
キャッシングと消費者金融の関係はどのようなものでしょうか?キャッシングをしようと考えている人はどんな消費者金融で借りるべきなのか?
キャッシングするのに本人確認はするの?
キャッシングするのに本人確認はするのでしょうか?キャッシングをするときに用意しなければいけない書類は?
即日キャッシングできる時間は?
即日キャッシングできる時間は何時くらいでしかもどの位の時間でキャッシングができるようになるのでしょうか?
キャッシング残高っていつでも見れるの?
キャッシング残高っていつでも見れるのでしょうか?キャッシングをするときに自分がいくら使えるのかを確認するのも重要です!