キャッシング審査と他のローン

キャッシング審査と他のローン

キャッシング審査の際に、他の会社でのキャッシング状況を調べることがあります。他社でキャッシングされていない時には他のチェック項目を審査し、通れば限度額まで安心して融資することができます。しかし他の会社にもキャッシングされていたり、他のローンを組んでいる時には状況が異なってしまうのです。

 

他の会社にてキャッシングしていた場合には、残っている返済金額と年収を確認した後に返済能力がありそうだと判断しましたら、限度額が減ってしまいますが審査が通ることがありますし、逆に返済金額が年収の3分の1に近い金額でしたら審査に落ちることがあります。

 

これが住宅ローンなどの返済金額が決まっているローンでも、金融機関によっては何の問題もなく審査に通ることもありますし、年収とローンの返済金額を照らし合わせて限度額が減ってしまうこともあります。ただしこの時に過去のキャッシング履歴を調べ、延滞履歴がない時にはとくに問題はないですが、履歴が残っている場合は審査に落ちることもあります。

 

他のローンを組んでいる時には信用問題として、より慎重に審査をすることがありますがポイントとしては必ず返済することができるのかを判断することなので、なるべく期限内に返済したほうが相手も信用でき安心してお金を貸すことができるのです。